<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いよいよ一週間後!!

寒くなるとネコが寝てる布団に入ってきてくれるのは嬉しいのですが
寝不足です・・・
夜の見まわりをしているらしく、布団から出ていきます。
見まわりを終えて、静かに布団に入ってくればいいのに、毎回、僕の頭を猫パンチして「入れろ」と耳元に息をクンクンかけてきます。
眠いので、無視してると、猫パンチがどんどんひどくなって痛いので、すぐに入れてあげます。
いびきもひどいです。
家族4人いるのに、僕のところにしか来ないんですよ。
と、みんな思ってたりして(笑)
僕が見まわりと思ってるだけで、実はみんなの布団に入ってまわってたりして。
昔の殿様みたいなことしてるんじゃないかな~??
そんなことはない!
コロちゃんは浮気はしない!
僕の布団でしか寝てないはずだ!
「冬が始まるよ!ほら僕のそばで~♪」
コロちゃんのためなら、寝不足になってもいいよ~


いよいよ一週間後個展開催です!
毎年、一年のしめくくりは地元熊本です。
九州の真ん中にある熊本インターからすぐ近くなので、県外からのアクセス便利ですよ!
是非お越しください!!

以下うつわ屋さんのDMより
e0065191_81757100.jpg

うつわ屋Living&Tableware 「15周年記念企画展」最終章
余宮隆展
2013年12月7日(土)~12月23日(月・祝)
作家在廊日:7日・8日
※6日(金)は個展準備の為休業します。


毎年1年を締めくくる恒例の朝虹窯・余宮隆展。
地元開催の個展らしく、クオリティ、ボリューム共に、
盛りだくさんの内容でお届けしております。

粘土にこだわり、焼成にこだわり、質感高く作り上げる彼の器には、
多くのお客様の心をつかんで離さない魅力があります。
釉薬の表現も、灰釉粉引、アメ釉、白粉引、緑釉、刷毛目・・・と多彩。
そして余宮さんの新たな挑戦として産まれた、写真の釉薬を使った表現「月白釉」。

ますます強力な武器が増えた彼の仕事。
「ドキドキする。」そんな高揚感たっぷりの表現がぴったりの個展となりそうです。

定番ラインはもちろん。新作まで幅広くございます。
うつわ屋らしく「食器中心」の個展ですが、
「花器や酒器」も押さえてあります。もちろんドットもあります!
当店の15周年year最終章を飾る今年の本展。
いつもより少しスペシャルなモノになりそうです。どうぞお楽しみに!

※今年もやります
「出張!朝虹cafe」&「pandocoroの出張販売(お菓子メイン)」
7日と8日の2日間です。

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-29 08:45 | 月白釉

ほぼ日さんの「ほ+」のご案内

ほぼ日さんの「ほ+」で今年も販売していただきます。
今回で三回目の販売となります。
ほぼ日のHPで自分の顔がでてくると、びっくりしますね。僕はいたって普通の一般庶民ですから(笑)
陶芸家という意識もないし、作家とも思ってないです。
焼きもの(器)をつくることを生業としてるだけです。
インタビューが始まっています。
けっこう生意気なこと喋ってますね(汗)反省します・・・ (テヘっ)
読んでみてください → 
販売は29日からです。
よろしくおねがいいたします。


41歳になりました!
たくさんのお祝いのメールやラインありがとうございました!!
嬉しかったです。
ブログで書いたようにお酒たくさんいただきました。
ワインと日本酒と焼酎をのみました。
誕生日のときぐらいはということで、おなかいっぱい呑みました!
41歳ということは、平均寿命から考えて折り返し、第二の人生も仕事一生懸命頑張って、お酒いっぱい呑んでいこうと思います。
落ち込んだ時は、ヒムペキ兄さんの替え歌を聴いて乗り切ろうと思います(笑)
ヒムぺキ兄さんの替え歌で元気になれる僕の精神年齢中三から成長してないですね!
でもいいです、死ぬまで中三くらいでいいです。
僕のところにもブログ刑事こないかな~(冗談)

ではでは

いよいよ来週末は今年最後の個展で~す。






e0065191_17523178.jpg












DM@うつわ屋Living&Tableware



余宮隆展

12月7日~12月23日

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-26 22:35 | ごあいさつ

刷毛目飯椀

e0065191_8161733.jpg


昨夜、我慢できずに煮込み食べてしまいました。
フライングゲット!!
牛スジがトロトロになっていて、野菜の甘みとニンニクの香りと、うまみたっぷりのスープ。
うまかった~
パスタを湯がいて、一緒に食べましたよ。
牛スジをからめたり、つけ麺みたいにスープにひたしたりしたら最高だった!
もちろんワインもいただきました。
昨日はフルボディーのワインを買ってきたんですが、コクが強すぎて呑むのに時間がかかった。
僕の煮込みは、ミディアムボディーくらいのコクなんで、ワインも合わせたほうがいいなと思った。
ワイン飲まない人に説明しますと、ボディーはコクという意味です。
ライト、ミディアム、フルとコクの濃さがわかれてます。
ラーメン屋さんに行くと、普通、こってり、濃厚と味を選べるところがありますが、そのようなもんです。
今夜は、ミディアムくらいのボディーのワインを選んでこよう!
今夜も楽しみだなぁ~

刷毛目が大好きなんです。
写真とってみました。
作ってても楽しいし、焼いててもたのしい。窯出しのときも「うわぁ!」と楽しめる。
料理を盛って使うのが一番楽しい。
好きなんで、登り窯焚く時は必ず詰めてます。
好きなんでね売れなくても刷毛目は焼き続けますよ!!





e0065191_17523178.jpg












DM@うつわ屋Living&Tableware



余宮隆展

12月7日~12月23日

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-24 08:13 | 刷毛目

煮込み

25日で41歳になりま~す!!
誕生日に何しようかなぁ~と考えて思い付いたことが、家族で外食でもしようということでした。
嫁、娘に、「俺の誕生日は外食しない?」と聞いてみると、皆 口を揃えて「テストだから」と言う答えがかえってきました。
俺の誕生日よりもテストが大事なんかい!!と心で吠えながらも、うちは男俺一人・・・
立場がない・・・
しょうがない・・・
ひとりで好きなもん作って、すきな酒でも呑むことにしよう!
なん肴にしようかなぁ~???と考えに考え抜いて、ワインにあう煮込みをつくろう!!
前夜祭まであと3日、誕生日まであと4日、打ち上げまであと5日!!
三日間、呑みっぱなしに耐えられる煮込みを作ります。
三日間でワインを5本は呑まなければならないので、それにあうそうとうの煮込みです。
家族は、煮込みは食べるけど、酒は呑まないので、ワイン5本は俺の分として、煮込みは家族のぶんまで!!
ワインはチリ産の美味しいけど安いのを買ってこよう!
そっか!
ボジョレの季節だし、チリ産の白2本、赤2本、今年のボジョレ赤一本にしよう!!!!!←やじるしはワインの数に合わせてみました。
煮込みのイメージとしてはトリッパだな!でもハチノスをトマトで煮込んだだけなら面白くないからホルモン色々いれてみよう。
今日、仕込んだのはマル腸、ハツ、ミノ、牛スジとトマト、セロリ、ニンニク、コンニャクをとりあえず入れて、アク抜きまでした。
ホルモンは酒で何度も洗って、湯どうしして、水で何度も洗って、炊いたらきれいな透明のスープになったので、それから野菜を入れた。アクを丁寧にとって、明日からは工房のストーブでコトコト煮込むぞ!!
それで、明日の夜は大根と人参と大豆を入れて、明後日またストーブでコトコト煮込んで、明後日の夜に味をつけて、一晩寝かせ、前夜祭の夜からジャンジャン煮込みパーティーといきますよ!!
41歳、第二の人生の始まりなんでね!!!
煮込みでパァーっと始めますよ!!
その下ごしらえなんすよ!!
俺バカでしょ(笑)










e0065191_17523178.jpg












DM@うつわ屋Living&Tableware



余宮隆展

12月7日~12月23日

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-21 23:06 | ごあいさつ

ありがとうございました

寒くなりましたね
天草は雪も降らない霜もまだですけど、すでにストーブつけてます。
寒さに弱いんです。南国育ちなもんで(汗)
一日おきに鍋食べてますから!
しょっつるで味をととのえれば、おいしいお出汁のちゃんこ鍋ができます。
お肉、牡蠣、野菜、うすあげ、豆腐etcなんでもいれるんでうちではちゃんこと呼んでます。
あったまるし、うまいし、最後のしめでおなかいっぱいになれる!
おなかいっぱい食べても鍋のときは体重が増えてない!!カロリー低いんですね!!!
というわけで今夜もお鍋に決定!
鍋の時は、四寸の小鉢をとんすいの代わりに使ってます。
そろえなくても個々色々小鉢で楽しんでます。

ももふくさんでの二人展が終了しました!
お越しいただきました皆様まことにありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか!?
今回、ほぼ登り窯で焼いたものばかりでしたので、灰釉粉引も渋く良い感じに焼けておりました。
登り窯で焼くと木の灰がうつわにかかりますので、もともとうつわに掛けている灰釉と溶けあい深い色の灰釉粉引きになります。
灰は1200度の高温でガラス質になります。
たとえば普通の粉引を灰がたくさんかかる窯の場所に置いて焼くと灰釉粉引のように焼けるときがあります。が、これは灰釉粉引とは呼んでいません。
この辺の説明はとても難しいですね~
私のうつわには青磁釉というネーミングをつけてるものがあります。これはたっぷり灰がかかる場所に灰釉を掛けたうつわを置き1280度という高温で焼くとうつわにかかった灰が青いビードロとなってうつわの見込みにたまったものです。
灰釉の灰は木の種類でも焼きあがりの色が違うので面白いです。
なので、登り窯を焼くときに、どの木の薪を使うかで焼きあがりが違ってきます。
同じ灰釉でも、樫や松で焼くと木の成分に鉄分が多いので綺麗な青や緑色が出ます。
杉、檜、栗などは鉄分が少ないので、白い粉引をとりたいときなどに使います。
みかんの木は、乳濁するのでとても面白いです。けどなかなか手に入りません。
このように一言で灰釉または灰釉粉引と言っても、とても奥が深く、幅が広い釉薬です。
私の頭の中には、一応の焼きあがりをイメージができていますが、登り窯は良い意味で裏切ってくれます。
木は生き物です。命をいただいて焼きものを焼いているわけですから自然を尊重して、焼きものは自然からの贈り物と思い感謝する日々でございます。




e0065191_17523178.jpg












DM@うつわ屋Living&Tableware



余宮隆展

12月7日~12月23日

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-19 08:45 | ごあいさつ

準備!

いよいよ今年も残り少なくなりましたね
いつの間にか冬の季節にかわっており、冬仕度をバタバタっとやってしまいました。
今年こそは薪ストーブのいいものを買おうと思っていたのですが、今年も見送ることに・・・
ガスストーブを使ってしまいました。
来年は夏から薪ストーブの準備をして、寒くなるのを心待ちにしたいと思います。←毎年言ってる(笑)

三週間後、今年最後の個展!地元熊本うつわ屋さんにて!
今日から登り窯を詰めて、明日詰まり次第火入れをします!
DMに使ってある月白釉鎬輪花向付や飴釉スープマグ、緑釉土瓶などなど・・・
たくさん詰めます!
最近、登り窯焚くのが楽しくて、ワクワクしてしまいます。
登り窯作って3年、毎月のように焚いてきたから30回以上は焚いてます。
ようやく自分のうつわが良く焼ける温度帯がわかってきたような!?
まだまだわからないことがたくさんあるけど、ちょっとづつですね^^
石の上にも3年というけど、本当なんだなぁ~



e0065191_17523178.jpg












DM@うつわ屋Living&Tableware



余宮隆展

12月7日~12月23日

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-16 08:52 | 展示会のお知らせ

明日からです!!

いよいよ明日から豊増さんとの二人展が東京町田のももふくさんで始まります!
豊増さんとは、数年前に有田の陶器市に行ったときに初めて会って器を見せていただきました。
良い器だなぁ~とほれぼれしたのを憶えてます。
その時に買ったうつわは今でもしょっちゅう使っていますがまったく飽きません。
いいうつわの証拠です!
そんな豊増さんとの二人展なんで、気合入れました!
出品したうちの9割は登り窯で焼いたものです!
また、ももふくさんから依頼もあり、久しぶりにまじめな文も書きました
これ → 
読んでみてください。

器をちらほらと紹介してくださってるので、ももふくさんブログも御覧ください。


豊増一雄+余宮隆二人展

2013 11月9日(土)~16(土)

うつわ ももふく

















e0065191_17523178.jpg












DM@うつわ屋Living&Tableware



余宮隆展

12月7日~12月23日

うつわ屋Living&Tableware @gallery
by asanijigama1 | 2013-11-08 22:59 | 展示会のお知らせ