<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

DMの御案内

e0065191_7155323.jpg


なづなさんでの個展まで、残り2週間となりました。
正確に言うと、二週間と一日!

今回のDM画像です。

このポットは、僕が独立した時からずっと作ってきた形です
この形のポットを作ってこられたのも、お求めいただく方々のお陰だと感謝しております。
なづなさんでの個展では、大きさとフォルムを変えた新作となっております。
自動車ではございませんが、ポットバージョンのフルモデルチェンジといったところでしょうか

今回も、DMどこまでもお送りいたしますよ!
遠くて、個展に来れないという方も遠慮なくDM希望されてください。
メールからの御連絡おまちしております。

ではでは







余宮隆展

陶屋なづな 2010 9/15~10/2
9/15、16在廊いたします。






急須・土瓶・ポット展
Style-Hug Gallery  2010 9/11~9/18
僕は、急須・土瓶・ポット・カップ・湯呑・湯冷まし等出展いたします。
焼きあがったら、ブログで紹介いたします。





飯椀展
暮らすうつわ とうもん 2010 9/18~9/24
飯椀を出展いたします。




よろしくお願いいたします
by asanijigama1 | 2010-08-31 07:41 | ごあいさつ

粉引輪花小鉢

e0065191_7345091.jpg






残暑お見舞い申し上げます。

残暑きびしい毎日ですが、頭がボーっとしてませんか?
先日のこと、片口の口をつけてホッとしていたのですが・・・
素焼きをして、窯から出しているときに気がつきました。
口はついてるけど、穴をあけていない(汗)
暑さのせいにしては、いけません
が、これは暑さのせいでしょう!
穴があいてなくて注げない片口なんて、ただの口が邪魔なだけの使えない器になっちまう・・・

穴、あけました。
さすがに、素焼き後の穴あけは、かたくて大変でした。
あけましておめでとう!

ではでは






余宮隆展

陶屋なづな 2010 9/15~10/2
9/15、16在廊いたします。






急須・土瓶・ポット展
Style-Hug Gallery  2010 9/11~9/18
僕は、急須・土瓶・ポット・カップ・湯呑・湯冷まし等出展いたします。
焼きあがったら、ブログで紹介いたします。


よろしくお願いいたします
by asanijigama1 | 2010-08-30 07:50 | 粉引

刷毛目蕎麦猪口

e0065191_19134067.jpg







毎日、暑いです。
暑いからといって、言い訳してはいけません。
毎日、ビールが旨いです。
二日酔いだからといって、言い訳してはいけません。
毎晩、熱帯夜です。
寝不足だからって、言い訳してはいけません。

実は、言い訳しない強い男じゃありません。
毎日、言い訳ばかり、愚痴ばかり言ってます。

でも、毎日楽しいです。
それは
毎日仕事が出来るし
毎日ビールが飲めるし
毎日お布団で寝れるし
毎日毎日、同じことを繰り返すことができる日常が幸せだと思うのです。






余宮隆展

陶屋なづな 2010 9/15~10/2
9/15在廊いたします。






急須・土瓶・ポット展
Style-Hug Gallery  2010 9/11~9/18
僕は、急須・土瓶・ポット・カップ・湯呑・湯冷まし等出展いたします。
焼きあがったら、ブログで紹介いたします。


よろしくお願いいたします

ではでは
by asanijigama1 | 2010-08-18 19:28 | 刷毛目

灰釉鎬八寸リム皿

e0065191_1811847.jpg









個展のお知らせです

陶屋なづなさんで開催される「余宮隆展」まで、あと一か月となりました。
今年の夏は、工房にこもりっきりで個展の準備を進めています。
6寸~一尺ほどの、皿や鉢に時間をかけて作りました。
これまで、作ってきた定番のかたちに頼らず、慣れてしまわないように
新しいかたちに、挑戦しました。
まだまだ、製作途中です。
近畿地方では、初めての個展になります。
よろしくおねがいいたします。







余宮隆展

陶屋なづな 2010 9/15~10/2
9/15在廊いたします。
by asanijigama1 | 2010-08-15 18:25 | 灰釉粉引

灰釉マット粉引鎬カップ

e0065191_7562367.jpg

灰釉マット粉引鎬カップ 灰50 カリ長石50 SK7a完倒 








釉薬の調後として、灰45パーセント以上から結晶が出来、マットとなります
これを利用して僕の場合は、灰50パーセントの調合とし
濃度を濃くたっぷりと施釉し1230℃還元強めに焼くと、なんとも言えない表情の灰釉マットとなります。
釉が溜まったところは、還元によりカーボンが染み込み青味がかったり乳白色だったり
釉が薄くかかったところは、艶やかで
陶芸の魅力である、光と影が混在する飽きが来ない器です。
気に入っております!!
僕は、このカップで、冷凍庫でキンキンに冷やしたジンを、寝る前に呑んでます。
よく眠れて、翌朝スッキリで、スッキリ見てます。

うつわ屋さん(熊本)に納品してます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ではでは
by asanijigama1 | 2010-08-04 08:15 | 灰釉粉引

刷毛目片口注器

e0065191_8521316.jpg








今日はお知らせです。
僕の師匠の中里隆先生のWEBに僕の器も紹介していただくことになりました。
大変、恐縮しております。

どうぞ御覧ください

中里隆の器

よろしくお願いいたします

ではでは
by asanijigama1 | 2010-08-03 08:59 | 刷毛目