<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

天草亀嶋鉄釉茶碗


e0065191_8484813.jpg


うつわ3人展
2009 9月4日~10日
12:00~19:00

手の間

9月4日から始まる、手の間さんでのイベント
陶芸家3人による「彩りカフェ」をテーマとした作品をご覧いただきます。
会期中、それぞれの器を使ったカフェメニューを楽しむことが出来ます。
by asanijigama1 | 2009-08-26 09:02 | 天草亀嶋鉄釉

お知らせ


夏になると、僕の工房(耕雲亭)は多くのお客さんが訪れます。
今年の夏の最初のお客さんは、東京のプロカメラマン関川さんでした。
福岡の友人夫妻と三人で、訪ねてきてくださいました。
楽しい二日間の時間。
この時の様子を、関川さんのブログ,福岡のご友人のブログで紹介してくださっています。
どうぞご覧ください。
関川さんのブログではスライドショーで、僕の工房の様子などを見ることが出来ます。



こちらです→今夜もeat it
        coo on the road 
by asanijigama1 | 2009-08-23 21:34 | ごあいさつ

天草亀嶋鉄釉瓶子


e0065191_2251523.jpg

e0065191_226247.jpg

天草亀嶋鉄釉瓶子
天草にある亀嶋という小さな島から鬼板を採取し釉薬とした。

耕雲亭の夏は峠を越えたようです
蝉の鳴き声も、だんだん聞こえなくなってきました。
空の雲も真夏の雲とは様子が違います。
春に小さかったイノシシも立派な牙がはえてきていて、僕を見ても逃げなかったのに一人前に今では、目が合うや否や一目散に逃げていきます。
秋への準備なのか、最近よく姿を見ます。
夜には、秋の虫の声が聞こえるようになりました。
まだまだ残暑厳しい日々ですが、自然は秋になっていることを感じるこの頃です。

e0065191_22241487.jpg

by asanijigama1 | 2009-08-22 22:34 | 天草亀嶋鉄釉

刷毛目片口


e0065191_7383640.jpg


刷毛目片口

我が家では、オクラと山芋をサイコロのような大きさに角切りし
ポン酢をかけただけのトロトロサラダをよく食べる。
この簡単なサラダは、来客があるときに召し上がっていただくが、必ず喜ばれる。
オクラの緑と山芋の白を、黒い下地に刷毛目のかかった片口小鉢が引き立ててくれる。
酒器としてもお使いいただける。
片口は、万能である!
by asanijigama1 | 2009-08-19 07:55 | 刷毛目

茶入(小壷)


e0065191_91352.jpg


左から 刷毛目 粉引 天草亀嶋鉄釉
by asanijigama1 | 2009-08-15 09:13 | 記録

灰釉鎬蕎麦猪口


e0065191_7483368.jpg

灰釉鎬蕎麦猪口
灰釉(囲炉裏灰)透明な灰釉を崩すために硅石3割(内割り)
SK7完倒  
冷却還元の焼きに見えますが、そうではありません。焼成時に行う普通の還元です。
バーナーの炎を酸化炎ではなく還元炎に変えてあげます。
そうすることにより、還元が強くかかりますが、自然な感じで燻し焼きのような表情を得られます。


久しぶりの更新になってしまいました。
スミマセン
こちら天草は、毎日、暑くて暑くて・・・
ヘトヘトとなって、自宅へ戻ってきてバタンキューっと寝てしまうので
パソコンを触る時間が少なくなっていました。

みなさん夏休みはいかがお過ごしですか?
by asanijigama1 | 2009-08-14 08:01 | 灰釉粉引

徳利

e0065191_7312817.jpg

粉引徳利
長石釉 SK6a

e0065191_7325778.jpg

灰釉徳利
灰釉(囲炉裏灰) SK6a

e0065191_734217.jpg

刷毛目徳利
灰釉(囲炉裏灰) SK6a

今年の秋に、酒器、茶器をテーマとしたイベントが、
東京 愛媛 福岡の、各ショップからお声をかけていただいています
徳利、ぐい呑、片口など、たくさん作っています。
詳細は、後ほどお知らせいたします。
by asanijigama1 | 2009-08-07 07:41 | 粉引

粉引輪花豆鉢


e0065191_19243676.jpg


粉引輪花豆鉢
長石釉(ソーダ長石9 囲炉裏灰1)
釉がトロンと溶けていて良い感じ。
釉のたまりは、青みがかっておりきれい
化粧のはがれも、水の吸収も問題はない。

今の季節だったら、ソーメンの薬味入れもしくは、朝食のときに梅干しひとつ入れてもよさそう
by asanijigama1 | 2009-08-02 19:30 | 粉引