<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

千鳥さんへ納品のお知らせ


e0065191_1625356.jpg


千鳥さんに一点ものを中心に、土瓶などを納品いたしました。

いつもの納品のお知らせですと、作品の画像を使うのですが、一点ものが中心だったため作品が手元になく、めだかの画像になってしまいました。

どんなものを納品したのかは、千鳥さんブログをご覧ください。

ちなみに、かわいがっている白めだかは、卵をたくさん産んで、子めだかがたくさん生まれています。

白めだかに名前はまだ無い。
by asanijigama1 | 2008-06-26 16:31 | ごあいさつ

うつわ屋living&tablewareさんへ納品のお知らせ


e0065191_1047175.jpg


うつわ屋living&tablewareさんにドットのシリーズのうつわを納品いたしましたよ!
お近くの方は是非ご覧ください。

実はわたしは、ぬか漬けデビューをしました

きれいなきれいな ぬか床ちゃん 画像をUPしようかと思いましたが
嫌いな人は見たくないだろうと思ってUPは見送りました。

朝と夕ときゅうりや大根や葉野菜などを漬けています。
おいしくなってねとよーくかき混ぜていると、日に日にいい香りになってきました。

捨て漬けが終わったので、今日の夕から、本格的に漬けようと思います。
良い塩梅になるには3ヶ月ほどかかるでしょう。

まだまだ若いぬか床ちゃんは生き物なので、乳酸菌から「ニュウちゃん」と名前をつけました
ぬかを混ぜながら、ニュウちゃんと連呼するので、また家族との距離が広がりそうです。
by asanijigama1 | 2008-06-23 11:08

千鳥さんHPができました


e0065191_1124688.jpg


いつもお世話になっている千鳥さんのHPができました。

ご覧くださいませ040.gif

今日も雨です

日本に降っている雨の10粒のうちの1粒はインドから届いているもの

知らない間に、インドからの贈り物で野菜が育ったり

僕たちが飲んだり・・・

これは、ごく身近な小さい話なんだけれども

宇宙の規模で考えてみると

体の中の細胞の分子は、いろんな世界 そして宇宙から贈られてきた物が入っている
by asanijigama1 | 2008-06-22 11:19 | ごあいさつ

黒ドットマグ

e0065191_1032258.jpg


東シナ海のガス田は、中国と日本との共同開発で合意したそうで

日本が、開発の出資をして出資した額に応じて利益が決まるんだそうで・・・

僕が住んでいる天草の西側は東シナ海に面している

キャンプをしたり、海水浴をやってる海で、資源の取り合いをしていたなんて

話がまとまり

よかったよかった!

大事な資源だから、お互いに大事に使ってくださいね
by asanijigama1 | 2008-06-19 10:11

黒ドットマグ



e0065191_8121829.jpg


あじさいがきれいに色づいてきましたね

子供の頃は、あじさいのことなんてなんとも思っていなかったけれども

最近、紫陽花がこんなに綺麗な花だったなんて・・・・・

と気がついてしまった。

いろんな色があるけれど、みんな和色なので色っぽさを感じてしまう。

紫陽花といえばかたつむりですね

かたつむりは、日本に800種いるそうです。誰が数えたんだ

左巻きと右巻きとわかれていて

左は左同士、右は右同士でしか交尾ができません

なので、DNAにより親と同じ巻き方の子供しか生まれないようです。

しかし、まれに親と違う巻き方の子供が生まれてくるらしく、それが新種に追加されます。

都会では、ブロック塀にひっついていますが、これは土がない都会で殻のカルシウムをブロック塀の石灰から摂取しているためです。

都会では、紫陽花よりもブロック塀を探したほうが、かたつむりは容易につかまえることができます。

最後にナメクジとかたつむりは同じ生き物だったのですが、ナメクジは殻を脱いでしまい、ナメクジとして生きていく事にしました。
今は、まったく別の生き物になっています。

人間とゴリラ、チンパンジーのようなものでしょう。

類人猿の話は、また今度としましょう。
by asanijigama1 | 2008-06-13 08:25

耕雲亭


e0065191_1554275.jpg


明治時代に建てられた家

築140年は経っている(140年前は明治元年・・・ ということは江戸に建っていた可能性あり)

屋号は耕雲亭

僕も耕雲亭の歴史に加わる事となった

ハードなものは持っていかないつもりだ

草木の呼吸と風の音を感じる

静で心幸なくらしをおくりたいと思っている

今なのに今ではない

過去でも未来でもない

不思議な次元で時間が刻まれているような

そんなくらし

そんなくらしから生まれてくるうつわ

自分でも楽しみにしている。
by asanijigama1 | 2008-06-05 16:03 | 耕雲亭