<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年末年始のおしらせ


e0065191_10101759.jpg


今日から、お休みの方が多いと思います。

はりきって大掃除をなさっているのでしょう。

朝虹窯は、31日までOPENしてますよ!大掃除の休憩にお茶でもどうぞ!

お正月は、一日だけ休みをいただきます。040.gif

飲みすぎ注意です。自分に言い聞かせてます068.gif

それでは、良いお年を!

気が向いたら、明日も明後日も更新しますので、見てください!
by asanijigama1 | 2007-12-29 10:23 | objet

粉引ティーポット


e0065191_982753.jpg


冬休みに入ると、工房の方に遠方からのお客様が多くいらっしゃるようになる。

天草から、あまり出たがらない僕にとっては、遠方からのお客様は大歓迎だ!

天草とは全然違う土の上に住み、食べ物を食べ、寝ている人たち。

同じ時間を過ごしているだけで、その土地に出かけていったのと同じくらいの刺激をいただく。

僕の中は、純粋な天草の感覚と、いろんな土地から来てくれた人たちの感覚が交じり合って大きくなっているのを感じている。


フランジパニさんに、鉄瓶ほどもある大きなティーポットや久しぶりに焚いたマットの粉引シリーズを納品しました。お近くの方は、是非この機会にご覧ください。
by asanijigama1 | 2007-12-26 09:18 | 灰釉粉引

ドット手びねりマグ


e0065191_120986.jpg


覆ってしまっているものを、剥ぐことを大人になってからやったことがなかった
というか、それがあたりまえだと思っていたから。

別に勇気を出したわけでもなく自然と剥いでみた。
んーっ
なんというか、心地よい!
子供の頃に味わった感覚かな?フラッシュバックされてきて・・・・・
十分くらいは、楽しんだ。
しかし、もう何十年と覆ってきたもの。
たんだんと痛くなってきた。三十分を過ぎた頃になると我慢しすぎてハイになり笑えてきた。

しかし良い事に気付かされた。
やはり、人との出会いはいいものだ!!


K's Tableさんに新作の白ドットのそばちょこやコーヒードリッパーを納品しました。WEBショップになっています。のぞいてみてください。
by asanijigama1 | 2007-12-24 12:12

いろりの灰

e0065191_9172360.jpg


このいろりから取れる灰を使って釉薬をこしらえています。

樫の木の炭です。火持ちがよく、鉄瓶からはいつも湯気がヒュンヒュンと出ています。

鉄瓶で沸かしたお湯は、とてもやわらかくてお茶がおいしいです。

炭は、燃えてお湯を沸かしてくれ、お茶以外にお料理にも使っています。

燃えて残った灰は釉薬となって、うつわに表情を与えてくれます。

家の中にあるいろりの中でも、ちいさな循環があって、物語が生まれていることが、とても幸せな気持ちにしてくれるのです。

火は心身ともに、温かくしてくれます。
by asanijigama1 | 2007-12-12 09:26 | ごあいさつ

乗る

e0065191_10231829.jpg


子供の頃は、クリスマスのイルミネーションで心躍らされた。

最近では、巨大なイルミネーションを見ると、素直では無い自分が現れる。

イルミネーションを燃やすだけの資源を、もっと他の事に使いたい・・・・・

イルミネーションのもっと上には、たくさんの星たちが、きれいに輝いている。

星空を見て、イルミネーションを見て、僕たちに必要なのはどっちか考えてほしい!
by asanijigama1 | 2007-12-07 10:36 | objet

粉引碗


e0065191_1056986.jpg


e0065191_11392224.jpg


いい天気です。

今日は、地元の小学六年生が工房の見学に来てくれました。
子供の質問は、ストレートで、気持ちがよく
子供の質問から、自問してみたり・・・・・
仕事への思いを見直す良い機会になりました。

ありがとうございました。
by asanijigama1 | 2007-12-06 11:43 | 灰釉粉引

ドットめしわん


e0065191_9475496.jpg


今年の誕生日も普通に過ぎてしまいました。
70まで生きてたら、この肉体もあと半分か・・・ などと考えてしまう歳になったのね!

俺の前世は、鍛冶職人だった(自称)
硬いものを毎日たたいて、村の人たちの道具をつくり、村の人たちから食わせてもらってた。
俺が作った農具を必要とされていた。

何か、大きいものをこしらえていたように思う。
重くて、硬いものに向き合い、四苦八苦している光景が夢の中に頻繁にでてくる。

こうやって、いつも勝手に想像をふくらませてボーッとする性癖は、35になっても変わらずつづいている。
でも、不思議な事に、歳をとるにつれて想像が現実味をおびてきているのは、やはり体験があったから。フラッシュバックは、何世も前から引き続いているのではないかな!

e0065191_1032232.jpg

by asanijigama1 | 2007-12-04 10:08