<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

刷毛目リム付鉢


e0065191_17502971.jpg

by asanijigama1 | 2005-12-26 06:41 | 刷毛目

福岡のたびⅣ

今回のたびの中で、楽しみにしていたのが、夕食でした
地蔵さんに、福岡で一番人気のお店だと聞いていたからだ
警固にあるカフェテコ、天草に住んでいても噂は聞いたことがある
予約していた時間を30分ほど送れた
店内に入って驚いた!僕たちが入る前は男性客一人だけだった
そのことを驚いていると、すぐまた驚いた
BGMの音のよさ
めちゃめちゃ音響がいいのだ!感動!うれしい!
こんなに低音が耳元で感じられるのは、音の知識が無いとできない
これもカフェテコの、サービスのひとつだ
スタッフの方々も、気合が伝わってくる、心地よい接客だった
次々と、でてくる料理を食べて、またびっくり!
僕の母親が作る料理の味にそっくりなのだ
生春巻きが最初に出てきた、化学調味料の味がしない自然な味
ポトフは、野菜が大きく切ってあり、野菜不足を気にする母親の優しさを感じた
イモのグラタンは、僕がちいさいころから食べている味と同じで、グッときた
地蔵さんたちがいなかったら、泣いてた
ここのオーナーは、どんな人だろうと、料理を食べてるうちに興味がでてきた
最後の方で、お話する時間が少しあった
なんと、僕と同級生だったのには驚いた
誕生日が、二ヶ月違い
同じ、時間を生きてきて
テコさんは、料理の世界へ進み
僕は焼き物のせかいに進んだ
同じ歳の、料理人が僕の器を使ってくれていて
その、料理を食べに行く。焼き物やの醍醐味を味わった
料理の事、器のこと、人への思いやり等、深く考えさせられた素敵な夜だった
すばらしい人たちとの出会いに感謝します。
おわり
by asanijigama1 | 2005-12-17 07:17

ウェブショップオープン

本日よりフランジパニさんのホームページおいて
ウェブショップオープンしました
粉引きの新作がずらりと並んでいます
よろしくお願いします
フランジパニHP
こちらからどうぞ
by asanijigama1 | 2005-12-16 12:28

福岡のたびⅢ

すっかり日も落ちていた
午後6時半、天草とは違う冷えかたの空気だった
岡崎さん怒ってるだろうな
少しビクビクしながら、道中を急いだ
道中、地蔵さんが、岡崎さんの事をいろいろと話してくださった
地蔵さんが、岡崎さんの事を大切に思っているのが、僕には伝わった
工房に着き、車から降りると、なにやら嗅ぎなれたにおい
これが噂の、鶏舎を改造して作った共同工房なのか
ワクワクした。
30数名分の物作りのパワーあるにおいだ!
岡崎さんの工房だけ明かりが点いていた
ここの人たちは、仕事上がるのが早いなぁと思った
坂道をおりながら、岡崎さんに怒られても、心の変化が無いようにと準備を進めていた
「こんばんわ」
いつもより、大きな声をだした。岡崎さんの顔を見たニコッとされた
よかった
たぶん、自分だったら怒っていたかもしれないので、こんな心配をしたのかもしれない
岡崎さんは、家庭があるのに、いやな顔せずに待っていてくださった
今までの自分を振り返り反省した
岡崎さんネタは、地蔵さんから色々聞いていたので
工房の中での会話は、僕に質問されるほうが多かったようだ
岡崎さんの仕事は、無邪気に粘土遊びを楽しんでいるのが伝わってくる
女性らしいでは、かたづけられない
子供のころ無心で、遊んでいたのを思い出した
これからの、僕の仕事に「無心」が仲間入りした
最後まで、笑いっぱなしの楽しい時間でした
岡崎さんという、素敵な女性に出会えてよかった
ありがとうございました

福岡のたびⅣへつづく
by asanijigama1 | 2005-12-13 06:13

福岡のたびⅡ

12月8日昼過ぎにフランジパニについた
フラパニの玄関に立つと地蔵夫人が目を丸くして驚かれた
奥さんは、僕が来る事を知らないのかなと思った
戸を開け、中にはいると「岡村が来たかと思った」と言われた。
僕は、そんなことないやんと心の中で思った
地蔵夫人と午後のティータイムを過ごしていると
オーナーの地蔵さんが帰ってきた
地蔵さんは前日から、僕を連れて行きたいところがあるというので、楽しみにしていた
さっそく二人で出かけた
3時半ごろ莫窯に着いた
ピーンとした品がいい空気を最初に吸ったと同時に、僕の中の時間が止まった
窯元の上原さんが、出迎えてくださった
優しい穏やかな印象だった
僕は、いつも優しい人には、あまえようとする悪い癖がある
しかし、あまえようとする気持ちを抑え、緊張を持続させた
心地よい緊張を与えてくださっていたので
それをありがたく受けた
上原さんと接することができた時間は
時間という単位では表現できない精神的な感動でした
莫窯は、僕の志す先にある宴を感じた最高の場所だった
ありがとうございました

福岡のたびⅢへつづく

クレアーレ 余宮隆の器や陶歴が見れます
by asanijigama1 | 2005-12-12 04:12

福岡のたび

フランジパニへ納品に行った
オーナーの地蔵さんのナビで
僕の好きな人たちに出会い
素敵な時間を過ごせた
みなさん、ありがとうございました
by asanijigama1 | 2005-12-11 06:30

ジョン

昨日は、ジョンがなくなった日でした
コメントを書いてくれたTEPPIさんとは
小学校高学年からビートルズを聴いていた仲です
僕たちが8歳のときに亡くなったので
関心を持った時には、もうこの世にはいなくて
思秋期のころは、もっと早く生まれていればと
ビートルズ世代の父を羨ましく思っていました。
20年間、12月8日はジョンを偲ぶ日とともに
幼なじみの友のことを考え、
思春期だったころの思い出や
好きだった人を思い出したり
自分にとって過去を振り返るきっかけとなっています
自分は、ジョンの歌詞やメロディーを、おもくとらえはしませんが
地球上の子供たちが、幸せに暮らしてほしいと思います。
by asanijigama1 | 2005-12-09 06:30

ミキシングボウル

暖冬だと思い、油断していたら
なんだこの寒さは!
我が家は、てっきり暖かいままだと思い
衣替えも完全ではない
あわてて、フリースやダウンをひっぱりだした
おとといなんて、僕が住む本町の山は、雪が積もって大変だった
山の方に住んでる人たちの、出勤時間が
雪払いのため遅れていた
みんな、車に雪を積んで下って来ていた
下のほうは、積もっていなかったので、おもしろい光景だった。
寒くなって、嬉しい事もある
寒い時に食べたくなる、シチュウやポトフのために
ミキシングボウルを作っていた
ボウルに取っ手がついているので、あつあつのスープを入れた時や
オーブンに入れ、グラタンなど作った時に、便利なのだ
e0065191_4313163.jpg

五寸の浅鉢ぐらいの大きさなので
我が家では、鍋の時に使ったり、お漬物を入れたりして重宝している。
by asanijigama1 | 2005-12-07 04:37

今年もあとわずかですね


"MS 明朝">ばたばたと今年も過ぎていくことでしょう。


今年の干支は酉でした


"MS 明朝">朝虹窯では、ピラミッドの中から発掘されたような


金色の酉を作りました


すぐに、売れてしまい


"MS 明朝">あとから、尋ねてこられたお客様にはご迷惑をおかけしました


来年の干支は戌


何点か焼いてみました。


"MS 明朝">クリスマスごろから、販売する予定です。


e0065191_1655576.jpg

試作一号


幸運を呼び込むために


口を大きく開けています


色は、酉と同じ色にする予定です


e0065191_16554641.jpg

試作2号


粉引きのラブラドールです


うちで飼ってるラン君をモデルにしました


e0065191_16561499.jpg

試作3号


とぼけた顔をしていますが


前足は力強く、魔除系ですね


インカの文化をイメージしながら創りました


e0065191_1743453.jpg

皆さんは、どのような戌に


心惹かれましたか?


by asanijigama1 | 2005-12-03 18:27

おさけ

                 寒くなりましたね
              寒くなると、熱燗でいっぱい
              いっぱいでは、終わりません
e0065191_430066.jpg

       電子レンジの高さにちょうどいいように作った徳利
       手軽に、熱燗が出来るから
        飲む飲む!
e0065191_433341.jpg

                  肴は、刺身
              天草に住んでて良かった
              毎日、うまい肴と酒がある
                  自分で作った
                  酒器でいただく
                 ぼくぁ幸せもんだぁ
e0065191_4382015.jpg

                      今は
                  このしろが旨いね
                このしろは、ちょいと〆たほうが
                    酒にはあうねぇ~
by asanijigama1 | 2005-12-02 04:41