<   2005年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブロンズ釉八寸リム皿


e0065191_17401763.jpg

by asanijigama1 | 2005-10-31 07:04 | 鉄釉

水玉の器展

今朝、水玉の器展の仕事が終わりました。
あとは、焼くだけ!
作品の画像は載せません!!
フランジパニにいってみてください!!!
なんと初日の11月25日は、ぼくの誕生日なのだ!!!!
縁起が良いではないか!!!!!
















e0065191_7392983.jpg

ちょこっとだけサービス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
by asanijigama1 | 2005-10-24 07:42

ピーター ジョン ストルツマン


今日、マリンバ奏者の吉田ミカさんが来窯されました。
今年5月にミカさんが企画されたアイランドマジック 2005にスペシャルゲストとして参加された、リチャード ストルツマンの息子さんが一緒でした。
ピーター ジョン ストルツマン(以降ピーター)は、ピアニストです。
お父さんの、血をひいているだけあって、すばらしい演奏をするとミカさんが言っておられました
ラッキーな事に、CDを2枚もいただきました。
いただいたCDにサインを書いてもらいました。
とても、とても礼儀が正しい人でした。
礼節と礼節が交わる所に、アートができると聞いたことがありますが
まさに、この人だと思いました。
僕は32歳、ピーターは28歳、年下の彼から多くを学んだ最高の時間でした。
生演奏を聞きたかったのですが、明日、天草を発たれるそうで残念です。
今度会える時は、是非、演奏を聴いてみたいです。
CDを聞いてみたところ、僕が好みのバシバシ感じる事ができる音がでてきます
お気に入りのCDになりました。他にCDを出していないか探してみよう!
皆さんにもおすすめです
吉田ミカさんは、来年1月8日熊本県立劇場
             1月13日福岡銀行本店 大ホール
ニューイヤーマリンバリサイタルを行われます
スペシャルゲストにギタリストの渡辺香津美さんです
こちらも楽しみですね!
by asanijigama1 | 2005-10-21 22:06

刷毛目豆皿


e0065191_17384690.jpg

by asanijigama1 | 2005-10-20 19:24 | 刷毛目

日本料理雫の一周年イベントに参加して

雫の一周年イベントに参加してきました
料理長とアイディアを出し合いながら、作ってきた器の展示会です
料理を盛るということ、お客さんをビックリさせたいということ等など
知恵をしぼって創りました
知恵が出ない時は、料理長には迷惑をかけましたが
焼きがよくなるまで、待ってもらいました。
そのせいもあってか、雫のお客様は器のほうにも関心を持っていただき
一周年記念 雫の器展 は、お客様に喜んでいただきました。
僕も料理長も、この反響がよかったので
二周年記念はもっと、料理と器を密接にした、器展をすることにしました。
すでに、いくつかのアイディアが出ています。
二周年は、もっとおもしろい器展にしますので、お楽しみに!!

e0065191_7474263.jpg

雫の器展展示の様子

e0065191_7552732.jpg

店内の廊下の様子 床がガラス張りになってます。

e0065191_7502758.jpg

全室個室になっていて くつろげます。お客さまは2~3時間楽しんでいらっしゃいました。

e0065191_7521492.jpg

前菜と朝虹窯の八寸ブロンズ皿です
by asanijigama1 | 2005-10-17 07:57

一周年


あさって、10月11日 熊本市内上通町にある 日本料理 雫 が一周年をむかえられます
一年前、料理長の大塚さんと、何回も打ち合わせをし、試行錯誤しながらバタバタと
オープンに間に合うように、器を焼いた事を思い出します。
一年とは早いものです。
一年間、季節ごとに料理がかわるため、それに合わせて、新しい器を提案してきました。
料理人と意見交換をするため、今まで感じる事のなかった、器に対する思いが生まれてきて
粘土から釉薬まで作り直し、素地の持ち味を引き出すような焼き物をやくようになっていました
どこにも売っていない、雫オリジナルの器が一年の間に、たくさん生まれました
11日と12日に一周年のイベントとして、お客様をご招待し、一周年の特別メニューで接待されます。
残念ながら、もう席は満員だそうです。
僕も、二日間、器の説明をするために、イベントに参加しています。
器の説明は、料理を食べない人でも、自由に入る事ができるので、雫の器と朝虹窯の新作器を見に来てください。お待ちしております。
by asanijigama1 | 2005-10-09 23:45

窯焚きの結果


おととい苦労して焚いた窯を開けました
想像していたように、いつもの焼き上がりとは違っていました
強く焼かれていたので、鉄がふきだしいろんな色が窯変により出ていました
とても面白い焼きでした。
e0065191_1362810.jpg

粉引の碗です。いままで朝虹窯にはなかった焼きあがりです

e0065191_1374621.jpg

唐津茶碗です。とてもいい色で、しっとりとした質感です

苦労した甲斐があって、電気炉で粉引きを面白く焼くコツがちょっとわかったようです
ちょっとしたコツって、今回のように失敗のなかから、つかめるんだなと思いました
もっと良い焼きになるように、いろんなことに挑戦していきたいです。
by asanijigama1 | 2005-10-07 13:14

コスモス見ごろです

e0065191_923867.jpg
e0065191_925224.jpg
e0065191_93651.jpg
e0065191_93166.jpg

コスモスは今が見ごろです。
家のすぐとなりの花壇がこんなにきれいにコスモスが咲いていると
きもちがいいです。
この状態がしばらくつづきます。
今夜は花見で一杯やりますか!朝から酒の話をするのは、僕とみのもんたぐらいか?
by asanijigama1 | 2005-10-06 09:07

ハプニング


早朝四時 窯に還元をかけるために起きました
いつものようにガスの詮を開き、ライターで火をつけ
窯の下に還元用にあけてある穴にバーナーを突っ込むと
バックファイヤーを起こして火が消えるではありませんか!
ああ いつもの事かと窯上のガス抜きの穴を確認する
いつも寝ぼけてガス抜きの穴を閉じたまま火を入れるので
バーナーをもつ手の方に火がきて「あつっ」となって目が覚めることがよくある
今日は明けていた。
どうして火が入っていかないんだ 
お茶を飲み飲み考えた
昨日窯詰めのとき、さやを天井のところぎりぎりに置いたことを思い出した
さやがガス抜きの穴をふさいでいるんだ
なんだ そうか!
ガスが抜けるように隙間を作ってやればいいんだ!
窯のふたを持ち上げる事にした でも窯の中は1000度 大丈夫かな??
いつもこういうときは、死ぬ気になればなんでも出来る
棚板 一枚分蓋を持ち上げた あっちとなった
ガスの火を入れたままだったので、蓋のすきまから炎がでてきた
ガスを止め もう一度やった
火を入れてやると隙間ができたらしく、入っていった
これで大丈夫なんだろうか?
いつもと違う焼き上がりになる事は覚悟しなければならない

e0065191_1256515.jpg

よくわからないでしょうが、窯とふたのあいだに隙間があるのが見える

e0065191_12573279.jpg

棚板の割れたやつをかませた かませてる時に アッチ となりました

e0065191_1305582.jpg

隙間をブロックでうめて完成!ちゃんと還元が、かかっているのか心配です

窯出し結果は明後日お知らせします
ひどい結果で、へこんだら明々後日にお知らせします
お楽しみに!!
ちなみに今日の窯場は雨のため洗濯物が干してあります
よーく乾きますよ!!

あと2勝!がんばってくれー
by asanijigama1 | 2005-10-05 13:07

昨日、最終日でした


昨日でギャラリーゲンで開催されていた、余宮隆陶展終了しました

わざわざ遠い所、秋だというのに暑い中、足を運んでいただきありがとうございました。

今の時期って運動会があったり、お祭りがあったり、お彼岸でお墓参りしたりと色んな

行事が重なる中、来ていただいた事にとても感謝しています。

ありがとうございました

今回の個展は、とても楽しく制作できたので自分では満足しています

お客様に楽しさが伝わっていれば、この個展をやってよかったと思います

はじめて挑戦した灰釉を施した粉引きもよく焼けていたし

立像や動物のオブジェも面白く焼けていました。

個展をすると必ず得るものがたくさんあります

得たものを大切にして、次へのステップにしていきます

御清聴ありがとうございました なんちって!

今は壁にかけるオブジェの製作中です焼きあがったら画像UPするからまっててけろ!

なまらおもしろかとばつくりよるほっちゃ

朝虹窯
by asanijigama1 | 2005-10-03 12:14