<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

朝虹窯のコスモスは五分咲きです


朝虹窯のとなりのコスモス畑が、五分咲きくらいになっていますよ。
風にユラユラゆれてとてもきれいです。
来週ぐらいが、満開かなぁ~

e0065191_12423160.jpg


e0065191_12425399.jpg



前の田んぼは、稲刈りが済み乾してあります。天草の早期米は、お盆前には稲刈りするので、今のは、晩稲ですね。僕んちは、早期の新米をいただいてます。おいしいですよ!
e0065191_12472986.jpg

by asanijigama1 | 2005-09-29 12:47

粉引鎬小鉢


e0065191_965382.jpg

by asanijigama1 | 2005-09-28 17:20 | 灰釉粉引

ご来場ありがとうございます


23~25日まで、個展のためギャラリーに出かけていました。お彼岸や運動会等いろんな行事が多い、3連休にもかかわらず、たくさんのお客様が駆けつけてくださり、とても嬉しかったです。六年ぶりに再会したお客様とは、懐かしいお話がたくさんできました。楽しい三日間でした。まだまだ、陶展は10月2日までですよ。是非見てみてください。

e0065191_1145094.jpg



e0065191_1151036.jpg



e0065191_1152427.jpg



e0065191_1154192.jpg


朝虹窯
by asanijigama1 | 2005-09-26 11:07

本日、余宮隆陶展初日です


本日、11:00に余宮隆陶展、ギャラリーGENにて初日を迎えます。少しだけ作品の紹介をしたいと思います。


e0065191_7182867.jpg

オイルテラピー炉です。円い隙間から、キャンドルのあかりがもれてきれいですよ。オイルはじんわりと温まり香りが優しくなります。こちらは明日(23日)から展示します。


e0065191_7205966.jpg

カフェオレボウルです。すっぽりと手におさまる大きさですよ。


e0065191_7225596.jpg

カップです。色んな飲み物に対応できる大きさです。


e0065191_7232758.jpg

ミキシングボウルです。野菜がたっぷり入ったスープや、ポトフなんか、器があつあつになって、持てないですよね。取っ手がついてるから、運びやすいし、食べやすいですよ。あとどんぶりとしても使えそうだし、サラダとか器の中で混ぜることもできますよ!
by asanijigama1 | 2005-09-22 07:35

本日、搬入日


搬入 行ってきましたよ。 熊本市の上通並木坂から、少しなかに入った所にギャラリーGENがあります。明日22日より10月2日まで、余宮隆陶展が開催されます。今回は器に加え、立像、天草シーサーなど、見て楽しめる作品も並びます。


e0065191_22192010.jpg

e0065191_222018.jpg

搬入の様子です。検品をしているために、作品が並べてあります。


e0065191_22221171.jpg

ブロンズ釉のワインカップをがんばって作りました。ワインが生まれたエジプトの王が使っているイメージで作ってみました。

作品は、GENさんが一つ一つ見やすいようにディスプレイしていらっしゃいます。ディスプレイの完成まで見れなかったので、明後日見るのが楽しみです。僕は、9/23・24・25 10/2が在廊日です。是非お出かけください。GENへのアクセス 熊本市上林町1-30マーケットプレイスα3 096-323-3009 です。

e0065191_22343282.jpg

天草シーサーも待ってるよ!
by asanijigama1 | 2005-09-21 22:35

モンスター?



窯出しをしていると、娘がやってきて、「なにこれモンスター」 そう言われるとモンスターに見える。「これは、アフリカの戦士をイメージして作ったと、アフリカの人はお面を付けて踊ったりさすとたい」というと、7月に福岡のキャナルシティーに行ったとき見た、アフリカンフェアーでいくらかアフリカの知識を持っていたらしく、すぐに納得してくれた。そういえば、娘は一才の時から、絵本よりも アフリカの形 という写真集が大好きでよく見ていた。アフリカのマンビラという部族のお面によく話しかけていたのを思い出す。


e0065191_7175758.jpg



粉引きは少し遊んでみた。化粧を薄めにかけて、灰釉を施した。


e0065191_7265496.jpg



明後日から、熊本のギャラリーGENで個展が始まります。オブジェもたくさんあります。器は一点ものばかりです。ぜひこの機会にご覧ください。
by asanijigama1 | 2005-09-20 07:30 | objet

ピッチャー

e0065191_8581170.jpg

by asanijigama1 | 2005-09-19 22:36 | 灰釉粉引

中秋の名月の下の相撲大会

e0065191_6552699.jpg
e0065191_6555912.jpg



綱引きからスタート!男の子対女の子 結果は女の子の二戦全勝! 「この荷物重くてもてな~い」と言ってるが、本気を出すと女は強し!


e0065191_722187.jpg
e0065191_723741.jpg


相撲大会は日が沈み、月が出てから始まりました。保育園組から順番に取っていきました。小学低学年は元気ハツラツ!手を上げては何度も取り直していました。高学年のお姉さんになると、照れながら、相手の事を気遣いながら取っていました。楽しそうにしている子供たちを見ると、いつまでも秋の恒例行事として残してあげたい気持ちです。
by asanijigama1 | 2005-09-19 07:17

窯焚


窯を焚きました。窯場の窓から、月の光が蒼く差し込んでいました。窯の炎の色と月の光がとても幻想的で、しばらく眺めていました。

e0065191_6411358.jpg

今日は、何度で火を止めようか?悩みました。いつもより低い温度で、面白いものを狙うことにしました。低い温度で仕上げるならと、還元を強めにしました。


e0065191_643553.jpg

この人たちが、入っておられます。がんばって炎に耐えてください。あさって会うのを楽しみにしています。あと、粉引を新たな試みで入れています。展示会前に、冒険するなよともう一人の自分が、言っています。しかし、一度 思いついたら止められません!成功したら、すっごくいいものが取れるでしょう。ダメな時はダメでしかたがない。経験からいくとダメなときの方が多いです。
by asanijigama1 | 2005-09-18 06:56

最後の窯焚



e0065191_11272496.jpg


どんなふうに焼きあがるか?


e0065191_11281182.jpg


はじめての試み、個展の良し悪しがこれで決まる。


e0065191_1129969.jpg


僕もどうなるか楽しみだワン!
by asanijigama1 | 2005-09-17 11:30