朝虹窯のこと



朝虹窯の名前の由来

 Bob Marleyが好きで、彼の歌詞の中から、朝と虹がよく出てきます。
 辞書で調べると、朝は、始まる、生まれるという意味
            虹は、夢と希望と書いてありました。
 とても、きれいな言葉だったので、そのまま使うことにしたのです。
 
朝虹窯のこと

朝虹窯は、2004年の4月28日に開窯しました
粉引 刷毛目 鉄釉 ブロンズ釉 ドット柄 などの器を焼いています。
動物や立像などのオブジェは、個展のたびに、紹介させてもらっています。

主に焼いている器が、粉引になります。3色の粉引があります。
生活の中から、出てくる灰と、天草で取れる天草陶石を混ぜ釉薬としております。
シンプルな釉薬ですが、自然なままの灰を使っているため、窯を焚くたびに、予想もつかない焼き上がりに胸が高鳴ります。
出来るだけ、自分の身の回りにある素材を使い、陶器を作っています。
なんの飾りもない素朴な焼き物ですが、料理を盛ると、よさがわかっていただけると思います。

朝虹窯からの、通信販売は行っておりませんので、お近くのShopにお問い合わせください。


アクセス
熊本県天草市本町下河内874-8
0969-24-4946

朝虹窯 余宮隆
by asanijigama1 | 2005-01-01 00:00 | What's asanijigama
<< 朝虹窯の紹介